スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
再出発
先日は静岡県の東伊豆クロスカントリーコースで開催された、
Rainbow Disco Club 2015にて演奏してきました。



去年まで都内近郊で開催されていた同フェスですが、
今年から規模拡大に伴って舞台を東伊豆に変更。
僕は初日にRed Bull Music Academyステージでの出演。
市民体育館に驚異的なサウンドシステムを持ち込んだユニークな舞台で、
思いっきり音を鳴らせてほんとに気持ち良かった。
ひとつの区切りになるこのライブで、思い残すことのない演奏ができたかなと。

次のライブは今週金曜、5/8にロンドンのVillage Undergroundにて。
今週半ばに出発して、そのまま活動の拠点を再びロンドンに移すことになりました。

約2年前に後ろ髪ひかれる思いで帰国して以来、
ずっとこの機会が来るのを待っていました。
落ち込んだ時期もあったけれど、また必ずチャンスが来ると信じて、
地道に努力を重ねてきました。
その頑張りを認めてくれた人々のサポートを経て、
再びミュージシャンとしてロンドンに戻れることを、とても嬉しく思っています。

日本で過ごしたこの2年間、いろんな人に支えてもらってきました。
行くあてのない自分を迎え入れてくれた家族や幼馴染み、
何度もライブに遊びに来てくれた古くからの友人たち、
現場で出会った才能あるミュージシャンたち、
そしていろんなイベントに呼んでくれたのプロモーターの方々などのおかげで、
気づけば東京という街がどんどん居心地よくなっていきました。
それでも、いざロンドンに戻れるチャンスが訪れた時、
迷いが少しもなかったのは、きっとそれが一番の恩返しになると思ったからです。

どのくらいいられるのかも不透明だったりと、不安材料も少なからずあるけれど、
結果を恐れず、がむしゃらに食い下がっていこうと。
この2年間で学んだことのひとつは、帰る場所があるからこそ、
勇気を持って新しいことに挑戦できるということ。
初めてロンドンに行った時と同じくらい新鮮な気持ちを胸に、
思い切り楽しんでこようと思います。

今日の1曲
Ben E. King "Stand By Me"

 
author:Anchorsong, category:-, 19:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 19:58
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://anchorsong.jugem.jp/trackback/293