スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
On my way
久々の更新。
筆が滞っている間に、イギリスに行ってきました。

本来は3公演行う予定だったんですが、
やむを得ない事情で初日のブライトン公演がキャンセルに。
思い入れのある街だけに残念だったけど、
そう遠くないうちに振替公演が発表される予定。

2公演めはロンドン。
会場はHackneyというエリアに今年できたばかりのOSLO。
音楽ファンの間で連日賑わう人気のベニューだそう。



競演は民族音楽とベースミュージックをミックスさせたユニークなスタイルで人気のClap! Clap!。
僕自身彼の作品が好きでよく聴いているんですが、ライブもバッチリ。
早い時間から集まったヘッズたちもガンガン踊っていました。


僕は久々に弦楽四重奏と一緒に。
彼女たちと一緒にステージに立ったのは約2年ぶりだったんですが、
やっぱりとても気持ちよかった。
Clap! Clap!のファンの人たちに受け入れてもらえるか少し不安もあったけど、
ライブが進むにつれ、徐々に壁が崩れていくように思えた。
いろんなスタイルの音楽があって、棲み分けもどんどん進んでいるけど、
そういうものに縛られない音楽を作っていきたいと、改めて思いました。

最終日は初上陸のノッティンガム、老舗ベニューThe Bodegaにて。





こちらはソロとして、ツアーでいい具合に熟してきたセットを披露。
深夜0時過ぎと遅めの出演だったけど、お酒も入ってとにかく踊りたがっていたお客さんたちに、うまくアピールできたかなと。
前日のロンドンも含め、ライブ後にBonoboのファンだという人がたくさん話しかけてくれたのが印象的でした。
そのBonoboはつい先日、1万人収容のAlexandara Palaceというところでソールドアウト公演を行ったとのこと。
すごいことです。

翌日にはロンドンに戻り、友人宅に一泊。
翌朝やたら早く目が覚めたので、空港に向かう前に大好きなテムズ川沿いを散歩。
とても清々しかった。



ツアーもいよいよ残すところ1公演。
12/11には初の韓国、ソウルのCake Shopにて。
有終の美を飾りたいなと。

今日の1曲
Floating Points "Nuits Sonores"



先日発表されたばかりの新曲、今回の出来も秀逸。
この曲はとあるクラブで彼が自分のDJセット中にブース内でミックスダウンして、
その直後にかけてオーディエンスを熱狂の渦に叩き込んだとのこと。
納得。
author:Anchorsong, category:-, 02:10
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 02:10
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://anchorsong.jugem.jp/trackback/286